テラスト

上場企業2000社47都道府県
非財務データバンク

上場企業2000社47都道府県
非財務データバンク

自立可能な暮らしをデザインする

初代神武天皇が宮を造られ、日本建国の地とされている奈良県。連載《はじまりの奈良》では、日本のはじまりとも言える奈良にゆかりのものや日本文化について、その専門家に話を聞いていきます。今回は持続可能な生活を発展させていくため、デンマークを参考にしながら新たに始まろうとしている環境対策について伺いました。

続きは「Discover Japan」サイトへ

SDGs視点で読み解く奈良県のエネルギー

目標 7 すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する | SDGs |  グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

人間、地球及び繁栄のための行動計画、持続可能な開発目標として国際的に採択されたSDGs。17の目標のうちゴール7の 「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」に注目してみると、奈良県は人口1人当たりの電力エネルギー消費量が奈良県は全国2位。一方、新エネルギー発電割合の順位は17位(5.6%)となっています。

奈良県は新エネルギー発電割合を増やす余地があることに加え、1人当たりの電力エネルギー消費量が多いため、エネルギー転換が成功すればその分インパクトも大きいでしょう。デンマークが数十年をかけてエネルギー事情を変化させたように、未来の奈良県が日本の環境最先端エリアになる日が楽しみですね。